施術について

ぱっちりした目

二重まぶたにできる美容整形は大きく2つに分けることができます。それは「埋没法」と「切開法」です。それぞれ異なる特徴やメリットを持っているため、施術を受ける際はどちらが自分に合っているかを見極めることが大切です。そこで、ここでは埋没法と切開法についてご紹介します。

「埋没法」は、プチ整形の一種であり、費用が安く、かつ短時間で施術を受けることができます。メスを使用せず、特殊な糸のみを使用するため、皮膚を切ることがありません。そのため、施術後に大きな傷跡が残ることもなく、見た目も美しく仕上げることができます。
埋没法の施術の流れとしては、まず目の裏側から糸を挿入し、そこから理想の二重まぶたの形にそって2ヶ所に糸を留めていきます。施術にかかる時間はわずか10分程度。そのため、仕事や勉学の合間でも気軽に受けられます。しっかり麻酔を施すため、施術の際に痛みを感じることはもちろんありません。施術を受けたその日から洗顔したり、シャワーを浴びたりすることができるため、普段通りの生活を送ることができます。

「切開法」は美容整形の一種です。そのため、メスを使用した施術を行います。その名の通り、皮膚の切開を行うのですが、その幅は1~2センチ程度。傷が残らないことが多いため、仕上がりの美しさに支障をきたすことはありません。万が一傷跡が残ったとしても目元のしわに重なり、目立たなくなります。
施術にかかる時間は20分程度。埋没法とさほど変わりません。メスを使用する施術ではありますが、施術後の腫れもそれほどひどくなく、約1週間で治まります。埋没法同様、施術を受けたその日から洗顔やシャワーが可能であるため、日常生活に支障をきたすこともありません。

このように、埋没法と切開法はそれぞれで特徴やメリットが異なるため、「美容整形を受けて二重にしたい」と考えている人は、これらを参考に自分に合った施術がどれなのかを確認することが大切です。そうすれば、確実に満足できる効果を得ることができます。

記事リスト