施術の流れ

自分を好きになる

美容整形を受けるにあたって、「施術の流れ」を把握しておくことはとても大切なことです。なぜなら、施術の流れを知っていれば、より安心して施術に挑むことができるためです。そこでここでは、埋没法と切開法に共通している施術の流れについてご紹介します。

埋没法・切開法いずれも、最初に「カウンセリング」を行います。カウンセリングでは医師による施術に関する説明などを聞きます。またこちらから希望の二重幅や形などの希望を伝えることも可能です。こうして医師とコミュニケーションを取りながら、施術をより良いものにしていくための準備を行います。
また、カウンセリングでは施術に関する疑問や質問を解消することもできます。施術に関してわからないことがあったり、不安や不満なことがあれば、このときに医師に尋ねるようにしましょう。そうすればより効果的な施術になります。

カウンセリングを終えたあとは、麻酔を施し、目元にデザインを記入していきます。埋没法・切開法いずれも、麻酔はクリームタイプであることが多く、独特なにおいもなく化粧品のような感覚です。多くの美容外科では、患者一人ひとりに合わせて麻酔を塗る範囲や量を決めていくため、麻酔によって皮膚が荒れるなどの問題を引き起こす心配もありません。
麻酔をほどこしたあとは、目元に仕上がりイメージをデザインしていきます。カウンセリングで話し合った内容はここに反映されます。万が一、デザインが自分の理想と合っていない場合は、それをきちんと医師に伝えるようにしましょう。デザインはその場で変更することも可能なため、満足度の高い仕上がりにするためにも、ここでは自分の意志をしっかりと伝えるようにしましょう。

デザインを終えたら局部麻酔を行い、施術となります。施術の内容は埋没法と切開法で異なりますが、だいたい10~20分で終了します。施術を終えたあとは、埋没法・切開法いずれもアイシングを行います。これは施術による目元の腫れを抑えるために欠かせない工程です。アイシングを終えれば、そのまま帰宅となります。施術後、抜糸が必要になったりすることもあるので、アフターケアをしっかりと行いましょう。

記事リスト