二重について知る

自信がつく

二重まぶたの美容整形を受けようと考えているのであれば、まず「二重まぶた」がどのようなものなのか把握することが大切です。そうすれば、施術後の仕上がりをより明確化することができ、美容整形を効果的に受けることができます。そこでここでは、二重まぶたのあらゆる点についてご紹介します。

そもそも、まぶたがどのような役割を持っているかご存知でしょうか。まぶたは眼球を外部の刺激から守ると同時に、潤いを与える役割を持っています。そのため、まぶたは必要不可欠なものであり、これがあることで目を清潔に保つことができています。そして、まぶたの先端にはまつ毛が生えていますが、これもまぶたそのものと同じような役割を持っています。
そんなまぶたは閉じたり開いたりしますが、これは瞼板(けんばん)と呼ばれる軟骨と筋肉がくっつき、この収縮によって瞼板が引っ張られることで行われています。くっついている部分が1か所である場合は、一重まぶた。2か所である場合は二重まぶたになります。ちなみに二重まぶたの場合の2か所は筋肉と皮膚であり、これらが瞼板とくっついています。

では、次は二重まぶたに特化して見ていきましょう。二重まぶたと一言で現してもその種類はさまざまであり、これは全部で5種類あります。
まず「末広型」。これはもっとも日本人に似合う二重まぶたとされています。老若男女誰からも愛されるタイプであるため、多くの人がこれを選びます。次に「奥二重」です。美容整形によって目元をこのタイプに形成しても、顔全体の印象はあまり変わりません。そして「パッチリ目」。これは黒目の全体像が見えるほど目が大きく見開いているタイプです。お人形さんのような目元に憧れている人がこのタイプを選びます。

最後が「平行型」です。これは細かく2種類に分けることができます。まず最初が「幅の狭いタイプ」。これは若い女性を中心に人気を高めています。二重の幅が広いため、アイラインを簡単に引けたり、つけまつげを簡単につけたりすることができます。そしてもうひとつが「幅の狭いタイプ」。メイクをしなくても十分目を大きく見せることができるというメリットを持っています。

記事リスト